TOP LIFE-STYLE recipe > Column > ご飯と彩り野菜が楽しく食べられる「ベジドーナツ寿司」【今日の時短ごはん Vol.26】

ご飯と彩り野菜が楽しく食べられる「ベジドーナツ寿司」【今日の時短ごはん Vol.26】

2017/09/27

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。これからの季節は、イベントパーティの機会が多い季節ですね。今回は、パーティメニューにも使える「ベジドーナツ寿司」をご紹介します。



世界中で食べられているお寿司。海外ではカリフォルニアロールなども人気ですが、お寿司の形がドーナツ型に進化し、今話題になっています。寿司飯をドーナツ型に成型してネタをデコレーションした、おしゃれでかわいい新しいカタチのお寿司。日本でもジワジワ人気の波がきています。

一方、最近では野菜寿司も話題になっていますね。今回ご紹介するのは色とりどりの野菜をのせたヘルシーな「ベジドーナツ寿司」。オープンサンドのように、酢飯の上にお野菜をあしらっていきます。
オープンサンド

(c)slast20 - stock.adobe.com



見た目が楽しく、すぐ作れるご飯料理は、子どもが集まるパーティにもオススメ。酢飯と具材を用意して、子どもたちに作ってもらっても楽しいですね。野菜嫌いのお子さんも楽しんで食べられると思います。

市販のドーナツ型を使うと、型にご飯がくっついてしまいがちですが、ラップで丸型のおにぎりを作り、真ん中に穴を開ければドーナツ型のできあがり!「ベジドーナツ寿司」は型がなくても気軽に作れるので、ぜひお試しくださいね。

■ベジドーナツ寿司

調理時間 15分



レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野美樹



<材料 4個分>
アボカド 1/2個
レモン汁 適量
レモン 1/4個
ミニトマト 2個
ゆでたオクラ 1本
きゅうり 1/2本
塩 ふたつまみ
炊いたご飯 お茶わん4杯分
酢 大さじ1
塩 ひとつまみ
いりごま 適量

<作り方>
1、アボカドは種を除いて薄くスライスしレモン汁をふっておく。ミニトマトとオクラは輪切りに、レモンはいちょう切りに、きゅうりはピーラーでむくようにする。

2、ボウルに1のきゅうりを入れてふたつまみの塩を振って和える。水気が出たらザルに上げておく。

3、ボウルに酢とひとつまみの塩を入れてよく混ぜ、炊いたご飯にかけて縦に切るように混ぜる。

4、2をドーナツ型に成型し、いりごま、1のアボカド、ミニトマト、オクラ、レモン、2を彩りよくのせる。

お好みで、マヨネーズなどをかけてもおいしいです。どんな野菜を使ってもOKですが、ご飯のに、のりやいりごまの黄色などの彩り野菜がそろうときれいで見た目も楽しくなりますよ。

■「ベジドーナツ寿司」のアレンジ例
ドーナツ型の大きさを変えたり、ご飯の色を変えると、また違った雰囲気を楽しめます。いろいろなバリエーションを楽しんでみてくださいね。

●アレンジ1 大きいドーナツ型に

パーティーの人数が多い時は、大きいリース型に作るのもオススメです。ナイフで切り分けて、みんなでシェアしていただけますよ。今回は基本のレシピに、ナッツやとろろ昆布、桜の花漬け、トマトソースなどをトッピングしています。

●アレンジ2 黒米入りのご飯で

ご飯の色がカラフルだとさらに見た目が楽しくなります。酢飯にカレー粉をまぶしたり、ケチャップを混ぜたりして、色のバリエーションを試してみてください。

カラフルでキュートな「ベジドーナツ寿司」。ホームパーティの主役にオススメです。我が家でも、お友達が来た時のランチに出したら、子どもたちから歓声が上がりました。ぜひ親子で、家族で、お友達と一緒に、楽しんでみてください!
(越野 美樹)
シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事