TOP LIFE-STYLE recipe > Column > 夏バテもなんのその! レンジ調理で簡単、ナスとささ身の香味丼

夏バテもなんのその! レンジ調理で簡単、ナスとささ身の香味丼

2017/07/02

暑くなってくると、台所での火を使った調理が辛くなってきますよね。そんな時は、ご飯の上に具材をのせるだけで完成しちゃう丼メニューがおすすめ! 今回は暑い日でも快適かつ時短が叶うレシピをご紹介します。

香味野菜をたっぷり使った一品は、ナスと鶏ささ身をレンジで加熱するため、火を使うことなく調理できるのが魅力です。

体を温めるといわれるショウガは、冷房などで冷えた体に効果を発揮してくれそう。夏に積極的に取り入れたい香味野菜の一つでもありますね。独特な香りのミョウガは、夏の食材ナスとも相性が良く、料理の味を一層引き立ててくれますよ。

家族の食卓にはもちろん、一人でのおうちランチにもぴったり! パパッと作れちゃうので、ぜひ試してみてくださいね。


ナスとささ身の香味丼

調理時間 15分


レシピ制作:フードコーディネーター 増田 知子


<材料 2人分>
ナス 2本
鶏ささ身 2本
<下味>
?酒 大さじ1
?塩 少々
大葉3枚
<タレ>
?白ネギ 1/2本
?ショウガ 1/2片
?ミョウガ 1個
?砂糖 小さじ1
?黒酢 大さじ1
?しょうゆ 大さじ2
?ゴマ油 大さじ1
ご飯 (炊きたて)

<下準備>
・ナスはヘタを切り落としてサッと水洗いし、耐熱容器に並べてラップをかけ、電子レンジで3分加熱する。粗熱が取れたらキッチンペーパーで包み、上から軽くおさえて水分を取り、縦半分に切ってさらに斜めに切る。

・鶏ささ身は筋を引いて耐熱容器に入れ、<下味>の材料をからめる。ラップをかけて電子レンジで2〜3分加熱し、粗熱が取れたらひとくち大に手で裂く。

・大葉は軸を切り落とし、粗みじん切りにする。

・白ネギ、ショウガ、ミョウガはみじん切りにし、他の<タレ>の材料と混ぜ合わせる。

<作り方>
1、ボウルにナス、鶏ささ身、<タレ>を入れて混ぜ合わせ、ご飯をよそった丼にのせ、大葉を散らす。


こちらのレシピは、600Wの電子レンジを使用しています。ご家庭の電子レンジに合わせて、様子をみながら調理してくださいね。
(ジェイ真葉)
シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube