TOP Life-Style Chore > 「年齢って何?」オトナ女子に贈る話題の動画

「年齢って何?」オトナ女子に贈る話題の動画

「年齢って何?」オトナ女子に贈る話題の動画
22日より公開されているSK-IIの動画「期限なんてない」をご存知でしょうか? 現代日本・アジアの20代女性を取り巻く“年齢に対する価値観”と、その価値観にどう向き合うかを描いたショートムービーは、20代女性はもちろん、年齢に対してプレッシャーを抱えているすべての女性に観てほしい作品です。あなたにとって“年齢”とはどんな意味をもっていますか? 動画の放つメッセージは、少し立ち止まって考えるきっかけとなり、観た後はきっと前向きな気持ちになれるはず。

「運命を、変えよう」女性の生き方を応援するSK-II

◆各国で大反響のキャンペーン
 SK-IIは2016年1月から「運命を、変えよう。〜#changedestiny〜」をテーマに、女性を応援するキャンペーンを展開しています。昨年は、中国の独身女性がプレッシャーに立ち向かう姿を応援する動画「婚活マーケットを乗っ取ろう」を公開。25歳を過ぎたら「剰女(ションニュイ/残り物女性の意味)」とレッテルを貼られる中国女性の生きづらさと、それに立ち向かう姿を描き、大きな反響を呼びました。そして今夏、新キャンペーンの一環として、21日より公開されたのが、ショートムービー「期限なんてない」です。
◆なぜSK-IIは女性を応援する活動を?
 SK-IIといえば、いざという時に頼りになるオトナ女子の御用達スキンケアブランド。37年前のブランド誕生時から、理想の美しい肌を手に入れて自信を持った女性たちが、運命を変える姿を見てきたSK-IIは、“すべての女性が自分の意思で運命を切り開く”サポートをするために、スキンケアアイテムの開発・販売だけでなく、女性の生き方を応援する取り組みを積極的に行っています。
◆ 現代女性も「年齢神話」に縛られている?
 SK-IIが世界11ヵ国で行った調査によって、約4割の女性が年齢を重ねることに不安を感じていることが判明。さらに、日本の20代女性の6割が「30歳」という年齢に何かしらの期限を与えられているようなプレッシャーを感じている現状が浮き彫りになりました。

「30歳を迎えるのは不安? 女性の“年齢”を考える」

 生き方や価値観が多様化している現代。年齢、性別に関係なく自分らしく生きる土壌は整いつつあるように見えますが、それでもなお、これまでの歴史や社会通念から生まれた「年齢神話」は女性を苦しめているといえそう。一方で、“考え方次第で「年齢神話」は乗り越えられる”ということに気づきつつある女性も増加傾向に。

 調査では、7割の女性が年齢に対するプレッシャーは「自分自身の思考が影響している」と回答。つまり、自身が「年齢神話」にとらわれることをやめれば、重ねていく年齢を「何かの期限」のように感じ、とらわれることはなくなる、と考えているのではないでしょうか。

「期限なんてない」。動画から読み解くメッセージ

◆【物語1】 腕に浮かぶ謎の数字  
 日本、中国、韓国、それぞれの国で誕生した女の子の腕には産まれたときから“ある数字”が。幼いころは気にすることのなかった“数字”。成長するにつれてだんだんとその数字が気になり始めます。
◆ 【物語2】充実した生活と忍び寄るプレッシャー 
 成長した少女は充実した生活を送る一方で、腕に浮かぶ数字が「30歳」を意味することに気がつき、一抹の不安を抱きます。やがて、社会にでるころになると「30歳までに結婚しなきゃ」「仕事をしたい、でも30歳までに結婚や将来の見通しがほしい」といった焦りや、周囲からのプレッシャーを感じ始め…。
◆【物語3】年齢を気にしていた自分との決別。1歩を踏み出す
 不安や重圧が押し寄せるなか、女性は立ち止まって考えます。“決められた期限なんてあるの? これまでも自分で決断し、人生を切り開いてきたはず――”。年齢や周囲の目にとらわれず、未来を決めるのは自分自身。大切なことに気がついた女性は笑顔で1歩を踏み出します。

 世間の意見に惑わされず、自分の意思で未来を選ぶことを決めた女性。本当は、もっと早く“年齢を期限のように考えて気にする必要なんてない”ことに気づいていたのかもしれません。それでも、自分で未来を選ぶと決めたその瞬間こそが、自分の意思で生きていく人生のスタート。自信をもって前に進んでいく女性の笑顔は美しくとても晴れやか!

輝く女性たちも賛同。エールの声が続々

 今回のキャンペーンにその道を究め輝き続ける女性たちも賛同。荒川静香さん、安藤美冬さん、大宮エリーさん、はあちゅうさん、山田優さん、湯山玲子さんたちが、女性にとって「年齢」や「30歳」の持つ意味を考え、メッセージをSK-II公式ツィッターアカウント(@SK-II_Japan)やご自身のアカウントで発信していくそう!

【はあちゅう】「20代後半で価値観が変わり、みんなが結婚を選ぶのなら、あえて結婚しない人生を選んでみようかな、と思うようになりました」「みんなと同じ人生を漠然と選ぶのではなく、あえて違う道を進んでみると、みんなには見えないものが見える人生になると思います」

自分自身の時間軸にそって生きる女性に

 「決められた期限なんてない。私の人生は、私が決めるもの」。キャンペーンを通じて、SK-IIが贈るメッセージをぜひ受け取って。周囲の意見に惑わされず、年齢を期限に感じることなく、自分自身の時間軸で生きる女性を目指しませんか?


Sponsored by P&G プレステージ
シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube