TOP Beauty diet > Column > 引き締まった細マッチョへの道!体脂肪率を減らす運動方法とは

引き締まった細マッチョへの道!体脂肪率を減らす運動方法とは

2017/12/30

女性でも腹筋が割れていたり、腕や脚の筋肉が盛り上がって見えたりする人がいます。体脂肪率を減らし、筋肉質な体を手に入れるためには有酸素運動と筋トレが重要といわれています。

女性がカッコよく見える理想の体脂肪率とは

女性は男性に比べて脂肪がつきやすく、筋肉はつきづらいといわれています。理想の体脂肪率には幅がありますが、引き締まった体を手に入れるなら20%台前半がよいでしょう。

日本人の理想体脂肪率は、男性15〜20%、女性20〜28%とされています。

引用:ヘルスケア大学

有酸素運動は20分間の継続が大事

体脂肪を燃やすには、ウォーキングや水泳などの「有酸素運動」が効果的といわれています。有酸素運動の効果が出てくるまでには時間がかかりますので、20分間は継続して行いましょう。

運動を開始して約20分は、糖質が優先してエネルギーとして使われます。本格的に脂肪が燃やされるのは、運動開始から20分程経過した後から。したがって、軽めの有酸素運動を長時間行うことが、脂肪燃焼には大切なのです。その逆で、激しい運動は糖質を使う比率が高くなります。脂肪燃焼を目的とした運動をする場合は、有酸素運動を選びましょう。

引用:ヘルスケア大学

有酸素運動と筋トレを組み合わせて

筋肉は脂肪を燃やす効果があるとされており、有酸素運動とあわせて筋トレも行うことがおすすめです。

有酸素運動に、程よく筋トレを組み合わせると、筋肉量が増えることで基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼率が上がります。筋肉量が増えることは、脂肪の燃焼には効果的と言えます。

引用:ヘルスケア大学

適度な運動で引き締まった体へ

筋肉質で引き締まった体を手に入れるためには、食事制限だけでなく適度な運動が必要です。理想の体脂肪率を参考に、有酸素運動と筋トレを組み合わせながらカッコイイ体を手に入れましょう。

  スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube