TOP Beauty cosme > Column > たるみ毛穴、なんとかしたい!皮膚科での治療法ってどんなもの?

たるみ毛穴、なんとかしたい!皮膚科での治療法ってどんなもの?

2018/01/07

たるみ毛穴とは、おもに小鼻の脇から頬に向けて生じる、楕円形に拡がった毛穴のことです。たるみ毛穴が進行すると、帯状毛穴となりシワとなって現れます。今回は、皮膚科で受けることのできる、たるみ毛穴や帯状毛穴へのケア方法の種類や注意点などについて紹介します。

肌深層部のトラブルは美容皮膚科で!

たるみ毛穴や帯状毛穴、その原因は肌の奥深くの真皮を構成する線維芽細胞によって作られるコラーゲンなどの不足と言われています。それゆえ肌表面のケアだけでは、改善は難しいとされています。

この悩みに専門的な知識や技術で応えてくれるのが、美容皮膚科などで受けることのできる治療です。とはいえ、どんな治療がどんな方法で受けられるのか熟知している方は少ないのではないでしょうか。

引用:スキンケア大学

美容皮膚科での治療には、医療機器による治療法と、薬剤を使った治療法の2種類があり、以下でそれぞれについてご紹介しています。

医療機器による治療法とは

医療機器による治療法のひとつ「レーザー治療」には、表皮に作用するものと、真皮や皮下組織まで作用するものの2種類があり、毛穴の引き締めや肌のハリ、弾力をもたらすなどの効果が期待できます。

表皮に作用する治療では、レーザー照射によって肌表面の気になる箇所にミクロ単位の極小の穴を開けることで、古い角質などの組織を除去するのと同時に新しい肌の再生を促すという治療です。

引用:スキンケア大学

真皮まで作用する治療では、前者の治療よりも長い波長のレーザーを使用します。そのレーザー照射を真皮や皮下組織まで届けることによって真皮などの組織を熱凝固させ、コラーゲン生成を促進するというアプローチをします。

引用:スキンケア大学

いずれのレーザー治療も施術時間は約1時間以内、施術後は肌表面に火照りや赤みが出ることがありますが、すぐに冷却すれば収まるようです。そのほか、機器による治療法としては、「LED光治療」や「サーマクール」などがあります。

薬剤を使った治療法とは

薬剤を使った代表的な治療法としては、「ヒアルロン酸注射」があります。これは、ヒアルロン酸をシワやたるみが気になる箇所に直接注射して目立たなくしたり、真皮層の保水機能を高める目的で行われます。

一度注射をすると約3〜4ヶ月は効果が持続すると言われ、注入した成分は製品により違いがあり、3ヶ月から1年くらいで吸収されます。稀に注射をした箇所に内出血が生じることもありますが、2週間もすれば消え、大抵はダウンタイム無しで施術後すぐにメイクすることも可能です。

引用:スキンケア大学

そのほか、注射を使った治療法としては、「プラセンタ治療」や「グロースファクター注射薬治療」などがあります。

信頼できる医療機関を選んで

毛穴治療は、肌の深層部に働きかけて施術する場合が多いため、治療前に、術後の副作用やダウンタイムなどの情報を、患者とドクター相互でしっかり話し合っておく必要があります。十分に信頼のおける医療機関を選びましょう。

  スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube