TOP Beauty cosme > Column > どれが正解?ポツポツを解消する「毛穴パック」の正しい方法

どれが正解?ポツポツを解消する「毛穴パック」の正しい方法

2017/10/13

毛穴のパックは、正しい方法で行わないと、効果が得られないことがあります。場合によっては、肌に悪影響を及ぼすことも。では、一体どのような方法で行えば、毛穴パックの効果がきちんと得られるのでしょう。

シートタイプの毛穴パック

シートを貼って剥がしとるタイプの毛穴パックは、事前にパックをつける部分を洗顔し、余分な汚れを落としておくことが大切になります。また、化粧水などを付けず、肌に水のみをつけてパックをしましょう。剥がすときには、ダメージを最小限にするため、ゆっくりと剥がすこともポイントです。

(1)肌表面をしっかりと水で濡らし、シートをムラなく密着させます。

(2)シートが完全に乾いたら、一気に剥がさずゆっくりと剥がします。

引用:スキンケア大学

洗い流すタイプの毛穴パック

洗い流す毛穴パックは、肌への刺激がないかをあらかじめチェックしておきましょう。ヒリヒリしてしまう場合は、使用を避けたほうがよさそうです。パックを洗い流したあとは、肌が敏感になっている状態なので、洗顔はせずに、ぬるま湯でパックを完全に洗い流すように注意しましょう。

(1)使用前に蒸しタオルを顔全体かパックをする箇所にあて、毛穴を開いておきます。

(2)パックする箇所の肌が隠れるぐらいの量を伸ばし、5分から10分程度置きます。

(3)完全に乾いたら洗い流します。

引用:スキンケア大学

毛穴パックをするときに注意すること

毛穴パックは、肌の負担が大きくなるものです。頻繁な使用は避け、週に1度を限度として考えておきましょう。また、肌が弱っているときには、なるべく使用を控えるように心がけましょう。

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わるサイクルのこと。表皮が新陳代謝をしながら、古い細胞を角質細胞に変化させて、最後には垢となってはがれていきます。毛穴パックの頻度が多いと、ターンオーバーのリズムが乱れて肌トラブルを起こしやすくなるため、週に1回〜隔週程度の使用にとどめましょう。

引用:スキンケア大学

パックをしたあとは、毛穴がぽっかり開いた状態になっています。その状態のままでは、また汚れがたまってしまうので、冷水や氷をあててキュッと引き締めるケアも行いましょう。

毛穴パックを行った後は、速やかに保湿ケアを行います。また、毛穴が開いたままの状態なので、できるだけ早く毛穴を引き締めることも大切です。保冷剤や氷をガーゼで包み、パックした部分を冷やすのもよいでしょう。

引用:スキンケア大学

正しい方法でスッキリ毛穴に

毛穴ケアは、美肌を目指す女性には欠かせないものです。毛穴パックを上手くとり入れて、ポツポツのないキレイな肌を手に入れましょう。もちろん、肌の健康状態を第一に考えてパックを行っていきましょう。

  スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事