TOP Beauty cosme > Column > 使いすぎると肌トラブルに!?制汗剤の正しい選び方と使い方

使いすぎると肌トラブルに!?制汗剤の正しい選び方と使い方

2017/07/27

汗がふき出る夏の時期などを中心に手放せないのが「制汗剤」です。ワキ汗やニオイをおさえてくれる頼もしいアイテムですが、使い方を間違えるとトラブルにつながるおそれがあります。制汗剤と上手につき合うためにも、制汗剤を使う際のコツをチェックしておきましょう。

制汗剤の仕組みを知ろう

制汗剤はたくさんの種類が販売されていますが、どのように汗を抑えているのか知っていますか?

制汗剤には汗を抑える「収れん剤」と、雑菌を抑える「抗菌剤」が含まれています。そして、香り成分でワキの臭いを誤魔化しながら消臭するもの、臭いの元となる雑菌を殺菌するものなどがあります。いずれにしても共通しているのは、パウダーによって汗腺にフタをするという仕組みです。

引用:スキンケア大学

制汗剤を使うデメリットとは

汗をかく季節、汗や体臭などに悩んでいる方々にとって制汗剤は頼もしいアイテムですが、ときにトラブルになってしまうこともあるようです。

制汗剤で汗腺をふさいだ状態が長く続くことは、皮膚にとってすこやかな状態ではありません。老廃物の排泄が妨げられ、かえって汗のにおいがきつくなったり、ワキのかゆみや黒ずみが悪化することがあります。制汗剤は、ワキや足など汗の気になる部分のみに使用し、制汗剤を使用しない日を設けることも大切です。

引用:スキンケア大学

まずは制汗剤選びから

制汗剤と上手につき合うためには、自分の体質に合った製品を選ぶことがポイントです。塗るタイプやスプレータイプなどさまざまな商品がありますので、お気に入りのアイテムを見つけましょう。

においの強さが気になる場合には、殺菌作用の強い塩化ベンザルコニウムや、殺菌効果の持続時間が長い銀が配合されている製品がよいでしょう。汗の量の多い人には、収れん剤がしっかり肌に密着する塗軟膏やスティックタイプが適しています。においがさほど気にならない場合は、使用感の軽いスプレータイプで気になるときだけ使用する使い方がおすすめです。

引用:スキンケア大学

相性のよい制汗剤で心地よい毎日を

ワキのにおいを撃退したい場合、制汗剤は強い味方になってくれますが、あまり頻繁に多用するのもよくないようです。ワキの下にかゆみや黒ずみなどのトラブルを起こさないためにも、自分の体質に合った制汗剤を選び、適度な使用を心がけましょう。

  スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube